• 組織づくり
  • 課長層、ミドルマネージャー

オンライン・オープン型 リフレクションラウンドテーブル®

マネジャーと組織の行動変容に向けた新しい試み
  • 組織づくり
  • 課長層、ミドルマネージャー

目的 会社の枠組みを超えたよりオープンなマネジメント・コミュニティーを共につくり、これからのマネジメントの本質を探究し、知恵を創造し、自らのマネジメントをアップデートしていくこと。
対象 ・企業のマネジャー
・マネージャー候補
・人事、人材育成、組織開発担当者
・NPO,NGO勤務者
期間 3ヵ月間
費用 お一人6万円

イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ氏は新型コロナウィルスを「私たち世代にとって最大の危機」と称しました。政治や経済、文化や日々の生活に多大な影響を与え、今後も予断を許しません。リモートワークが常態化するなか、ビジネスや私たちの働き方も見直され、マネジメントも新たな局面を迎えています。これまでの価値観や物事の進め方を繰り返すだけでいいのでしょうか。変えるべきことは何で、貫くべきことは何でしょうか。

オンライン・オープン型リフレクションラウンドテーブル®では、場所の制約を越え、様々な業界のマネジャーが集う「内省と対話」の場です。正解が無い時代、ここから、参加者の皆さんと、これからのマネジメントの本質を探究し、知恵を創造していきたいと考えています。今こそ、よりオープンなマネジメント・コミュニティーを共につくり、自らのマネジメントをアップデートして参りましょう。

reflection-round-table-online_img01.png
reflection-round-table-online_img02.png
reflection-round-table-online_img03.png

参加者の声

participant.png参加者

バックグラウンドも年齢も違う皆さんと対話が出来て有意義な時間を過ごすことができました。正解がない中、皆で「あーでもない、こーでもい」と対話を重ねていって、段々洗練され一つのところにたどり着けたのが最高でした。チームでの対話がまるで「生きもの」のように感じました。会話を重ねるうちに、最初はバラバラだった点と点が、やがてストーリーとなって繋がっていく有り様が、すごく爽快でした。また、チームの中でもそれぞれの良さがでているなと毎回思っていました。やっぱり個々人の良さが生きている組織っていいなって改めて思いました。これからも皆さん宜しくお願い致します。

participant.png参加者

週イチのマネハプが癒されました。 これまで私自身会社でマネハプを実施して、会社のメンバーからも口々に有意義な時間だとはいわれていたのですが、自ら実感できたという感じです。オンラインでも信頼はできると自らの経験で確信できました。これから自信をもって、オンラインでミーティングや研修をやっていきます。

participant.png参加者

後半では、それぞれのマネジメント課題を持ち寄って、チームで深めていきました。そのグループワークがめちゃくちゃ印象に残っています。毎週それぞれが調べてきたことと、これまでの経験を対話して、最後には皆で笑顔になれました。オンラインでも信頼というか、ここまでいい関係が作れるんだなって感動です。学びがそのまま実践につながるのもこのプログラムの魅力だと感じています。

participant.png参加者

チームの皆さん経験豊富で本当に刺激を受けたなと思いました。普段読まないような本も読んで、自分自身新しい気づきもありました。言葉にならないモヤモヤとした気持ちを、無理くり言語化して、今は凄く気持ちがクリアになりました。また、オンラインだからこそ、このメンバーでこのタイミングで繋がることができました。むしろオンライン大歓迎。いろいろ学んだことを実践に活かして、これからもいいことしていきたいと思います。

participant.png参加者

特にチームの皆さんとの「関係の質」ができあがったのだなと思っています。その「関係の質」とは何だろうって考えたときに、毎週2時間3か月間、とことん話すということだったんだという実感です。じゃあそれが職場の皆とできているかというと、同じような質の高い時間ってとれているか?と考えたときに、残念ながらそこまでできてないよなとうのが現状です。意図的に職場の皆と内省と対話ができればいい職場つくりができるということを純粋に感じた時間でした。

担当コンサルタント

重光 直之 重光 直之

株式会社ニイタカ、社団法人日本能率協会を経て、ジェイフィール設立に参画。
日本能率協会在職中は管理者育成、経営者育成に関する研修プログラムを開発。その後経営研究所に移り、2007年、経営革新提言「ミドルマネジメントの復権と創造」を共同執筆。
ミンツバーグ教授との出会いを機にコーチング・アワセルブズを日本に導入。日本でのプログラム名を「リフレクション・ラウンドテーブル」としてスタートさせ、プログラム開発と講師を担当。「感じる研修エンジニアリング」の展開にも力を入れ、マネジメント・スキットを使った研修、演出家を招いての役作り研修、即興劇を演じる研修など多彩な研修を行っている。

小森谷 浩志 小森谷 浩志

博士(経営学)、株式会社ENSOU代表取締役、神奈川大学経営学部国際経営学科講師。
1988年ニッカウヰスキー株式会社入社、営業にてトップの業績を残した後、
アサヒビール株式会社のコンサルティング会社の設立に参画、
コンサルタント育成体制を構築。現在は "いのちが喜ぶ経営" をテーマに活動。自覚の方法論として東洋の智慧、
特に禅の基本テキスト「十牛図」に着目。内省と対話を鍵に、マネジメント・コミュニティを中核とした組織開発、
個の可能性の開花にアプローチするワークショップを展開している。
2010年から始めたファシリテーター養成講座は修了生が350名を越え、学習するコミュニティ活動を継続中。
カナダのモントリオールで行われたグローバルカンファレンスREFLECTIONS 2017では、世界20カ国の参加者に
「禅とマネジメント」を発信、話題を呼んだ。
趣味は瞑想と気功。禅と経営学、一見遠い存在の二つの探究を道楽にしている。

阿由葉 隆 阿由葉 隆

約14年間、複数の総合人材サービス会社にて人材派遣事業を担当し、300社以上の企業へ延べ1,000人以上の
スタッフを派遣してきた。うち4年間は独立支店の支店長としてマネジメント業務を担当。その後、2013年から
新規事業となるBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)専門支店の支店長として事業の立ち上げも経験した。
2016年には事業部化し、運用部門長として複数のプロジェクト組織構築・運用をマネジメントしてきた。 「良い組織とは何か?」を模索する中、「個人の思いや良い感情の連鎖でワクワクする職場をつくる。」という
ジェイフィールの「思い」に出会い共感。2017年9月より参画。「仕事が面白い、職場が楽しい、会社が好きだ」と
堂々と言える大人が溢れ、子供たちが未来に希望を持てる社会の実現を目指して活動している。
GCDF-Japanキャリアカウンセラー、国家資格キャリアコンサルタント

共有する・あとで読む

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
みんなでつなぐリーダーシップ
みんなでつなぐリーダーシップ
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

DigiCert Seal

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.