ご機嫌な職場日記

岡本直子 連載コラム 「働く女性にワクワクを」④ 2015年12月22日

働く女性にワクワクを

こんにちは。ジェイフィール コンサルタントの岡本です。

2015年も間もなく終わりを迎えようとしています。
みなさんはもう今年一年の振り返りはされましたか?お正月に「一年の抱負」を考える方も多いと思います。何かと気ぜわしい12月ではありますが、だからこそ敢えて自分のために1時間でも時間を作るのはどうでしょう?
美味しいお茶でも飲みながら、好きな音楽を聞きながら、今年の出来事についてひとり振り返ってみる。がんばったこと、出来たこと、やろうとしたけど十分にはできなかったこと、もっともっと取り組みたかったこと・・・様々な思いが湧き上がってくると思います。その思いをまずは味わいつくして、すっきりと新年を迎える。これ、おススメです!
ぜひやってみてくださいね。

このコラムでは「働くこと」を通じて、女性たちがもっとワクワクする毎日を生きていくためのヒントとなることを、働く女性たちのリアルな姿を通じてお伝えしていこうと思います。ぜひご意見ご感想などお知らせください。

少し前に、ある食品メーカーのマーケティング部門の女性マネジャーYさん(36歳)とお話する機会がありました。彼女には部下が12名、マネジャーになって3年目、新商品開発のプロジェクトをいくつも抱えています。

マネジャーとして大変だなと思うことは何ですか?と聞いてみると、
「うーん、そうですね。いろいろありますけど(笑)
つい最近、新商品開発の企画で工場長と打ち合わせをしたのですが、こちらのリクエストを受け入れてもらうのにかなり苦労しました。何せ経験豊富な工場長に対して、私はまだまだ未熟者ですから(笑)」

Yマネジャーはそう言って笑ったのですが、実はとんでもなくすごい人なのですよ、Yさん。商品開発では数々の実績をあげています。ヒット商品多数。社内でも一目おかれているのです。

交渉するときに何か工夫していることはあります?と重ねて聞いてみると
「いやー、特別にはないのですけど・・・。強いて言えば足しげく、根気強く、かな。まめに工場に顔を出して、ちょっとしたことでも捕まえて話すようにしています。そうすると最初はまた来たのー、って呆れられていたんですけど、だんだん根負けしてくれたみたいで」

そう話すYマネジャーは、柔らかな口調ではありますが、芯の強さが感じられます。
ひとつの商品が生まれるまでには様々な部署が関わります。マネジャーであるYさんは開発チームの代表として、様々な社内部門との折衝も大切な仕事のひとつですね。

「スタッフみんなで、なかなかアイディアが出なくて苦しんだり、時には夜遅くまで議論したり。そうやって生まれた企画は、時にはかなり難産なこともありますし・・・。
あるとき、だからこそ私が彼らの代表としてがんばらなきゃっ、て思ったんです。企画にはもちろんロジックだとかデータだとかも大切ですが、やはり開発者たちの気持ち、思いを伝えるのも大事だと思うので。それが私の役目ですよね」
と、ニコニコしながらお話してくださいます。

Yマネジャーのお話をお聴きしていると、ここだけはゆずれないという毅然とした意思と、相手の懐に入っていく大胆さのようなものを感じました。

「そうやって苦労した商品が世に出たときはチームみんなでお祝いするんですよ。開発の仕事はキリがないので、スタッフみんなが疲弊しがちなので。こちらが切り替えるタイミングを作ってあげるようにしています」

ここ最近は部門に対して目標設定がどんどん高くなり、部門への要求も高度になってきているとのこと。そういう状況の中で、マーケティグ部門のマネジャーとして、部門間折衝やチームメンバーのモチベーションにも心を配りながら実務に取り組んでいるYさん。プレッシャーもあり忙しい日々だと思うのですが、その表情には充実感も見て取ることができました。

おそらくYさんも今のような状態になるまで様々な試行錯誤をされたのではないかと思います。今でもまだ模索中かもしれません。ひとつひとつ課題を乗り越えて、チームメンバーや他部門のスタッフとも苦労を分かち合って、そうやって少しずつ形にしてきたこと、それがYさんにとって手ごたえを感じ、自信となってきているのでしょう。

マネジメントには「正解」はありません。
100人のマネジャーがいれば100通りのやり方があります。
その自分のやり方も、時には固定観念にとらわれることなく変えてみることが必要と感じることがあるかもしれません。マネジメントの仕事は、答えのない迷路に迷い込むような不安な気持ちや度重なる試行錯誤、時には失敗もあり、でも上手くいったときには喜びも大きい、だからこそ、やりがいもあるのですよね。
一人で悩んでいないで他のマネジャーに話を聴いてみること、
それも助けになるかもしれません。

ワクワクするマネジメント、さあ一緒に取り組んでいきましょう!

月別アーカイブ

前のページ
2015年セミナー納め 組織変...

次のページ
HRカンファレンス 2015秋...

共有する・あとで読む

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
みんなでつなぐリーダーシップ
みんなでつなぐリーダーシップ
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

DigiCert Seal

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.