printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

メールマガジン

お問い合わせ

  • ホーム >
  • コラム・日記 >
  • 長谷川晃大 連載コラム Re-connect 〜つながりを取り戻すリーダーの探求〜②

月別アーカイブ

コラム・日記

長谷川晃大 連載コラム 
Re-connect 〜つながりを取り戻すリーダーの探求〜② 2017年5月29日

第2回 人生を生きる力と良い仕事

ジェイフィールでは、今期「思いの実現」というテーマで、一人一人がライフテーマとして掲げ、互いがその思いを支援しあうために全社員が語り合う場を期初に設けました。期初の面談で話をしたことを全体でシェアする場です。
それぞれの思いが語られ、今まで語っていなかったこと、実現したかったこと、今意欲的になっていること、生涯のテーマ、様々な角度から語られることでどんな思いをもって働こうとしているのか、改めて全員が互いを知ることのできる豊かな時間となりました。

一人一人が思いを明確にし、心から響く仕事をすることで会社の経営もきちんと回る。
それを体現しようとするチャレンジでもあります。
もともとジェイフィールは一人一人の思いの共感に集い、それぞれがその思いを様々な形で実現しようとしてきた会社だと思います。ただ、思いが実現され、形になり、組織が軌道に乗ったら今度は新しいことが生まれにくくなる時期がやってきます。新たなメンバーも加わりました。そこで原点を見つめなおすためにこのような場を設けたわけです。

ここで改めて一人一人に問われるのは、

「自分にとって良い仕事とは何か」

という問いです。
みなさんにとって良い仕事って何でしょうか。どのように定義できますか?
私は長いこと「良い仕事」を頭や理屈で理解していた気もします。
20代は目標を必達することで周囲から認められることでした。それからマネジャーとなり、自分だけではなく、チームの利益目標を達成すること。自ら責任を果たすことが良い仕事である。そんな価値観でした。そのために必死でもありました。そして、達成したときに充実感がありました。ただ、期が始まると気持ち的にはリセット。また新たな試合の始まりとなります。繰り返していくと消耗と疲弊感が漂ってくるものの、「それが仕事」という割り切りの中、気合いを入れなおしていくということを繰り返しているようでした。

ジェイフィールに入社して1年経ち、この会社でどう活躍していこうか、それを考える機会に恵まれました。「自分は何に生きがいを感じる人間なのだろう」それを振り返りました。
生きがい、生きる意味をいつ感じただろう。過去をどんどん遡る。たどり着いたのは10代の学生時代のある経験でした。級友が腕を傷つけ、深く悩みに直面していることを知り、いてもたってもいられず何日も放課後に教室に残って話をしました。当時、所属していた部活動の大会の直前でもあり、練習に行かないという選択肢はありませんでしたが、部活は休んでクラスメートのそばに寄り添いました。どう関わったのか、今でははっきり覚えていませんが、結果的にその友人は自らを傷つける行為を止めました。少し時間がたって感謝の手紙をもらったとき、この上ない安堵とともに自分自身が何かの役に立てたことに大きな喜びがありました。その後も失意の中で一人もがいている姿に無条件で心を動かされ、何かを犠牲にしてもそこに力を尽くそうとするような経験が何度かあります。そこで地に足をつけて共に寄り添える人間でありたい。それは困難に直面しつつも人知れず常に一人で何とかしようと奮闘しながらも乗り越えていく過去の自分自身の投影であると今は振り返っています。

そして、同時にそれが自分を動かす大きな源泉であることも自覚しています。
自分は誰かの力になることができる。そして、そこに意義や喜びを見出すことができる。きっとそれが本当の意味で「人生を生きる力」につながるはず。それを磨こう。
その一心で始まった「人と向き合い関わる技と心」を磨く旅。
これが今の自分を作り上げています。そして今も磨き続けながら、その力は確実にジェイフィールのサービスを通じてお客様への価値へとつながり始めていることを実感しています。

何かに働きかけることで人生の喜びを感じることができるなら、必ずそれを再現する力があるはず。そして、そこには才能も資質もあふれている。それが「人生を生きる力」であり、それを磨き、伸ばす過程に、同じ志を持った人たちとの出会いや刺激を与えてくれる機会や夢が生まれてきます。その積み重ねが新しい道を作り続けてくれるように思います。誰の評価でもない、自分自身に力がみなぎり、真正面から向き合いながら、未来を見据える中に生きがいを見出せる。そして自分の中で「この道は間違っていない」と自然に信じることができる道を歩んでいく。その道にあるものが「良い仕事」なのだと思うのです。決して楽な道ではないと思います。しかし、厳しい問題に直面したとしても、そこに向き合うだけの意味を見出し、乗り越える力が備わっているはずです。それを乗り越えていくことに真の成長があるのではないでしょうか。

私にとって良い仕事とは「人生を生きる力を最大限活かしてできる仕事」のことを言います。
良い仕事=人生の喜び×人生を生きる力×成長と表現できるかもしれません。
そして、この公式の土台にはきっとそれぞれの人が意図する「誰かの幸せ」が存在しているはずだと信じています。

皆さんも一度、今のお仕事にどんな思いがあるのか、見つめなおして職場で語り合う場を設けてみることをお勧めします。

前のページ
佐藤 将 連載コラム「ニッポン...

次のページ
佐藤将 連載コラム「ニッポンが...

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.